発毛・育毛、AGA・薄毛治療なら水戸中央美容形成クリニック

お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-007-763

20代女性の薄毛の原因は?過度なダイエットやストレスなど原因と対策を紹介

薄毛と言えば、40代以降の女性にみられるものというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。実は、薄毛は年齢に関係なく発症する可能性があります。20代は、ストレスやダイエット、髪型など、さまざまな影響で薄毛になりやすい時期です。ここでは、20代女性の薄毛の種類や原因、対策などについて詳しくご紹介します。

◆20代の薄毛の種類

女性の薄毛にはどのような特徴があるのでしょうか。起きる時期や原因などについて詳しくご紹介します。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症とは、全体的に髪が薄くなることを指します。男性のAGAのように前髪の生え際や頭頂部などが薄くなるのではなく、少しずつ全体的に髪が抜けていきます。そのため、気づいたときには髪のボリュームが失われてしまっているケースが少なくありません。

びまん性脱毛症の根本的な原因は明らかになっていませんが、さまざまなストレスや食生活、ホルモンバランスなどが関係しているといわれています。

牽引性脱毛

牽引性脱毛とは、髪を引っ張ることで物理的に抜けてしまうことを指します。例えば、ポニーテールのような髪型は髪を引っ張るため、毛穴にダメージが及びます。毎日のようにポニーテールを続けると、やがて髪が抜けてしまうのです。

また、頭部を摩擦することで髪が引っ張られて抜ける場合もあります。牽引性脱毛は物理的な刺激が原因のため、20代でも起こり得るトラブルです。

円形脱毛症

円形脱毛症は、円形の脱毛斑が現れる病気です。1~複数個の脱毛斑が現れるものや蛇行型に髪が薄くなるもの、頭部全体や全身の毛が抜けるものなどがあります。原因は解明されておらず、年齢差もはっきりしていないため、20代で発症する可能性がある薄毛の1つです。

ストレスが原因との説がありますが、現代においては否定的な意見が多くみられます。対策次第で防げるものではないため、発症したら早めに治療を受けることが大切です。なお、円形脱毛症が改善するかどうかや改善スピードなどには個人差があります。また、円形脱毛症の改善スピードを早めたり改善率を高めたりする治療法は確立されていません。

毛穴の炎症による抜け毛

毛穴に炎症が起きると髪が抜ける場合があります。皮脂が多い、頭皮を摩擦した、合わないシャンプーを使ったなど、さまざまな原因が考えられます。この場合、しばらくすると髪は再び生えてくることがほとんどです。毛穴の炎症を鎮めるために医療機関で治療を受けましょう。

◆20代の女性の薄毛の原因

20代の女性の薄毛は、主に次のような原因で起こります。

過度なダイエット

20代の女性は、体型維持のために過度なダイエットをしてしまいがちです。消費カロリーが摂取カロリーを上回ることで体重が減るため、食事量を極端に減らしたり運動しすぎたりする方もいます。確かに短期間で体重は減るかもしれませんが、身体のさまざまな機能に支障をきたすことに加え、血流悪化によって頭皮への栄養の供給が低下し、薄毛のリスクが高まる恐れがあります。

過度なストレス

20代の女性は、慣れない仕事や家事、育児などで過度にストレスを溜めてしまいがちです。また、「若いからなんとかなる」と思い、ストレスを発散させようとしない人も多いのではないでしょうか。若いからといってストレス耐性が強い、高齢の人よりもストレスが溜まりにくいといったことはありません。そのため、20代でもストレス発散を心がけることが大切です。

睡眠不足

睡眠不足だと、髪の成長に必要な成長ホルモンの分泌が低下し、薄毛のリスクが高まります。まだ若いからといって睡眠不足な生活や昼夜逆転の生活を続けていると、薄毛になる可能性があります。睡眠にはストレスを発散させる役割もあるため、ストレスも溜まりやすくなるでしょう。

カラーやパーマ

20代は、まだまだオシャレを楽しみたい時期です。そのため、頻繁にカラーやパーマをする方は多いのではないでしょうか。いずれも髪や頭皮に大きなダメージを与えるため、短期間に何度も行うと薄毛のリスクが高まります。特に、カラー剤を使用したときに頭皮にしみるのに使い続けると、頭皮に大きなダメージが及びます。

◆20代の女性の薄毛対策

20代女性の薄毛のリスクを抑えるには、どのような対策が必要なのでしょうか。薄毛の原因を踏まえて詳しく見ていきましょう。

正しいダイエットを心がける

ダイエットせざるを得なくなるような事態を防ぐことが大切ですが、ダイエットするのであれば正しいダイエットを心がけましょう。消費カロリーよりも摂取カロリーが少ない状況が続けば体重が減ります。1日の必要なカロリーと消費カロリーを計算し、どの程度の運動が必要なのかを確認しましょう。

運動で消費カロリーを増やしつつ、適正カロリーの摂取を続けることで健康的にダイエットできます。

ストレスをこまめに解消する

ストレスをこまめに解消し、心身への影響を抑えましょう。ストレスの解消方法には、良質かつ十分な睡眠、適度な運動、趣味を楽しむといった行為があります。趣味を楽しむ時間がない方は、1日30分でも時間を作れるようにしてみてください。その30分の中で楽しめるストレス解消法を見つけましょう。

例えば、1日1回30分のアニメを見る、ゲームをする、お笑い番組を見るなどの方法があります。

睡眠時間と睡眠の質を見直す

睡眠時間と睡眠の質の両方を見直すことで、髪の成長に欠かせない成長ホルモンの分泌が正常化するでしょう。最適な睡眠時間には個人差があるため、朝すっきり目覚めるために必要な睡眠時間を見つける必要があります。また、同時に睡眠の質も見直しましょう。

人は、浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠を繰り返しています。この間隔が適正な状態が良質な睡眠をとれている状態と言えます。良質な睡眠をとるためには、寝る前に副交感神経を優位にして、快適に入眠しなければなりません。

寝る前にスマホやパソコンの画面などの強い光を浴びると交感神経が優位になり、寝付きが悪くなります。また、寝る直前の入浴や食事も同様です。入浴は寝る時間の2時間前、食事は3時間前までに済ませて、寝る前は薄暗い部屋で静かに過ごしましょう。

カラーやパーマの頻度を減らす

カラーやパーマの頻度を減らすことで、頭皮や髪への負担を軽減できます。1回パーマをしたら、パーマが完全に取れるまでは施術を受けない、カラーは1年に2回までなど、ルールを決めるとよいでしょう。

◆まとめ

薄毛に対して40代以降の人がなるイメージを持っている方は、頭皮や髪のケアをおろそかにしがちです。また、過度なダイエットや睡眠不足、ストレス過多なども20代女性に見られる傾向があります。今回、ご紹介した20代女性の薄毛の種類や原因、対策法をチェックして、健康な頭皮と髪を維持しましょう。

水戸中央美容形成クリニック フリーダイヤル:0120-007-763

私たちにお任せください。担当医が親身に対応いたします。

クリニック紹介
  • HARG治療について
  • 症例とQ&A
  • 料金表
  • 毛髪コラム
  • 女性の薄毛治療
  • 当院は自由診療のクリニックです。公的保険については適用範囲外となります。