発毛・育毛、AGA・薄毛治療なら水戸中央美容形成クリニック

お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-007-763

薄毛は坊主にすれば隠れる?坊主にするメリットとデメリットを解説

薄毛に悩んでいる方の中には、髪型でうまく隠すことを考える方もいるのではないでしょうか。その際は、ついロングヘアやミディアムヘアのスタイルを試しがちですが、返って薄毛が目立つケースが少なくありません。そこでおすすめなのが坊主です。今回は、なぜ坊主が薄毛を隠せるのかを解説すると共に、薄毛の人が坊主にするメリットとデメリットをご紹介します。

◆薄毛の人が坊主にするメリット

薄毛の人が坊主にするメリットは、次の4つです。

薄毛を隠せる

坊主にすれば、薄毛の部分がわからなくなります。他の髪型でも薄毛は隠せますが、坊主には劣ります。薄毛がほとんどわからなくなれば精神的な負担も軽くなるでしょう。

薄毛のことが気にならなくなる

薄毛のことが気になると慢性的にストレスを感じてしまいます。その結果、自律神経のバランスが崩れて頭皮への血流が低下し、頭皮環境が悪化したり髪が成長しづらくなったりします。薄毛が気にならなくなることは、薄毛改善の第一歩と言えるでしょう。

日々の手入れが楽になる

他の髪型で薄毛を隠す場合、ワックスやジェルを使ったりこまめにカットしたりと、日々の手入れに手間がかかります。坊主なら、バリカンで定期的に整えるだけでヘアスタイルを維持できます。

気分転換になる

薄毛が気になっていた髪をバッサリとカットすれば、気分転換になるでしょう。なぜ、薄毛に悩んでいたのだろうと思うようになる方も少なくありません。

◆薄毛の人が坊主にするデメリット

薄毛の人が坊主にすることには、次のデメリットがあります。

紫外線のダメージで頭皮環境が乱れやすくなる

坊主にすると、紫外線が頭皮に直接降り注ぐため、紫外線ダメージを受けやすくなります。紫外線は、頭皮の水分を奪うだけではなく、コラーゲンやエラスチンといった弾力成分を変性させてしまいます。大量に紫外線を浴びると、頭皮のバリア機能が低下して、外部刺激による頭皮ダメージや薄毛への影響が大きくなるのです。

シャンプーの影響が大きくなる

シャンプーは髪と頭皮の汚れを落とすために欠かせないヘアケア用品です。しかし、洗浄力が強すぎるシャンプーを使うと、頭皮の水分が奪われて頭皮環境が乱れがちになります。これまでシャンプーの洗浄力に問題がなかったとしても、坊主にすることでシャンプーの影響が大きくなり、頭皮環境が乱れる場合もあります。

◆薄毛の人が挑戦したい坊主の種類

薄毛の人は、単なる坊主ではなく次のようなオシャレ坊主に挑戦してみてはいかがでしょうか。

ブロック坊主

ブロック坊主とは、2ブロックでサイドを借り上げて、前髪とトップの縦ラインを強調することで、スタイリッシュなイメージに仕上げるヘアスタイルです。

ライン入り坊主

サイドにラインを入れて、デザインを施した坊主スタイルです。茶髪や金髪との相性もよく、迫力のあるスタイルを求めている方におすすめです。

◆薄毛の人におすすめの坊主の長さは?

坊主は、髪を何mm残すかで印象が大きく変わります。薄毛を隠したいのであれば、6mm以下の坊主がおすすめです。また、3mm以下の坊主でもオシャレなイメージに仕上がります。ただし、薄毛が大きく進行すると、3mm程度では薄毛を隠しきれなくなる恐れがあります。

1mm以下のスキンヘッドにすれば、薄毛はほぼ確実に目立たなくなるでしょう。

◆薄毛の人が坊主スタイルにするときの注意点

坊主スタイルにする場合は、次の注意点を守りましょう。

シャンプーと洗髪の方法を見直す

髪があったときよりもシャンプーと洗髪の頭皮への影響が強くなります。シャンプーの洗浄力が強すぎないか、これまで通りの洗髪方法で頭皮がダメージを受けていないか確認しましょう。ボディソープで頭皮を洗う人もいますが、洗浄力が強すぎることで頭皮トラブルが起きる恐れがあります。

洗浄力が強すぎる場合は、石けんシャンプーやアミノ酸系シャンプーを試してみてください。ドラッグストアや薬局で広く販売されている高級アルコールシャンプーよりも洗浄力がマイルドなため、頭皮ダメージを抑えることができます。

また、髪を洗うときは必ず指の腹で優しく丁寧に洗いましょう。また、指の腹を使うにしても、頭皮をこすり続けるのはNGです。髪があったときとは違い、頭皮にダイレクトに刺激が及ぶので、適度に洗うことが大切です。

また、洗い流すときはぬるま湯を使い、皮脂を過剰に洗い流さないようにしましょう。

日差しが強い日は帽子をかぶる

日差しが強い日に外出すると、頭皮が真っ赤になる場合があります。ひどい場合は水ぶくれができてしまうので、日差しが強い日は必ず防止をかぶりましょう。頭皮ダメージがひどくなると、毛穴にまで炎症が広がって髪が抜ける恐れがあります。坊主スタイルでも、部分的に髪が全く生えていないと見た目に違和感が出るので、頭皮はしっかり守ることが大切です。

坊主スタイルには、ハットやキャップ、ハンチングなど、さまざまなタイプの帽子が似合います。その日の気分や服のコーディネートに合わせて選ぶことで、外出するのが楽しくなるかもしれません。

帽子は、通気性に優れたものを選ぶことが基本ですが、生地の密度が低いものは隙間から紫外線が入り込むので注意が必要です。UVカット率99%以上で、通気性が良い帽子を選びましょう。

日焼け止めクリームを塗る

外出時は、頭皮に日焼け止めクリームを塗ることが大切です。日焼け止めクリームには、肌の奥深くまで到達して弾力成分を破壊するUVAと、頭皮の表面にやけどを引き起こすUVBがあります。日焼け止めクリームを選ぶときは、PAの+の数とSPFの数値に注目しましょう。

PAの+の数は、UVAが肌に与える影響を防ぐ能力を示し、+の数が多くなればなるほどに紫外線を強力に防ぎます。SPFの数字は、UVBの影響が出るまでの時間をどれだけ引き延ばせるかを示します。例えば、SPF30の日焼け止めクリームは下記のように、450~600分はUVBを防げます。

15~20分×SPF30=450~600分

15~20分というのは、頭皮に影響が出るまでの時間のことです。日焼け止めクリームは汗で流れ落ちるので、実際に450~600分もUVBを防げるわけではありません。日焼け止めクリームはこまめに塗り直して効果を維持することが大切です。

◆まとめ

薄毛に悩む方は、思い切って坊主にすることで薄毛の悩みを解消できるかもしれません。坊主以外の髪型でも薄毛を隠せますが、毎日の手入れやヘアセットが面倒なため、長続きしない方が多いでしょう。坊主は髪を洗う手間もかからないので、とにかく楽に過ごせます。いずれ髪を生やしたいと考えているのであれば、早めに薄毛専門クリニックで治療を受けましょう。

水戸中央美容形成クリニック フリーダイヤル:0120-007-763

私たちにお任せください。担当医が親身に対応いたします。

クリニック紹介
  • HARG治療について
  • 症例とQ&A
  • 料金表
  • 毛髪コラム
  • 女性の薄毛治療
  • 当院は自由診療のクリニックです。公的保険については適用範囲外となります。