発毛・育毛、AGA・薄毛治療なら水戸中央美容形成クリニック

お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-007-763

夏の抜け毛対策!紫外線や汗から頭皮を守る方法を徹底解説

v

夏は、紫外線や汗、エアコンによる空気の乾燥など、髪や頭皮に悪影響を及ぼす問題がたくさんあります。問題に対処しないと、秋ごろに抜け毛が増えてきて、後悔することになるかもしれません。
ここでは、夏に行いたい髪や頭皮を守る抜け毛対策の方法を詳しくご紹介します。

◆夏の抜け毛を引き起こす問題点

冬は、髪のパサつきや頭皮の乾燥などで薄毛を促進させる季節ですが、実は夏も薄毛を引き起こす問題点がたくさんあります。特に対策することなく過ごすと、頭皮や髪が大きなダメージを受け、秋ごろに抜け毛が増えるかもしれません。

どのような問題があるのか詳しくみていきましょう。

紫外線

夏は、1年で最も多くの紫外線が降り注ぎます。紫外線は、髪のキューティクルを変性させたり壊したりして、髪のパサつきを招きます。髪がパサつくと、見た目のボリュームが失われ、薄毛を目立ちやすくする恐れがあるのです。

また、紫外線は頭皮にもダメージを与えます。頭皮は、表面の角質層にあるヒアルロン酸やセラミド、天然保湿因子などがうるおいを保っています。しかし、紫外線を浴びると頭皮の水分が失われ、乾燥しやすくなるのです。

頭皮が乾燥すると、紫外線によるダメージを受けやすくなり、赤みやかゆみ、痛みなど様々な症状を引き起こします。さらに、肌の奥深くへと紫外線が到達すると、肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンなどに悪影響を及ぼす、肌の弾力を失わせるのです。

このように、紫外線は頭皮と髪に悪影響を及ぼし、抜け毛を招く可能性があるため、しっかり対策する必要があります。

汗は、頭皮を蒸らすことで、雑菌が繁殖しやすい環境をつくります。夏場は、特に運動していなくても汗が出るため、常に汗が頭皮に悪影響を与えていると考えられるでしょう。汗をそのまま放置すると、雑菌が増えて頭皮トラブルを引き起こす恐れがあります。

雑菌が増えて起こる頭皮トラブルは、赤みやかさつき、かゆみなどです。強い炎症が起きてしまうと、その部分の髪が抜けてしまう可能性もあるため、早く対処したいところでしょう。

また、ヘアワックスを使用している場合、ワックスの油分が紫外線の影響で過酸化脂質に変わり、頭皮に刺激を及ぼす可能性もあります。汗による悪影響と重なれば、それだけ頭皮トラブルが起こりやすくなるため注意が必要です。

エアコンによる空気の乾燥

汗をコントロールするために、エアコンで適切な室温に保つことが大切です。しかし、エアコンは空気中の水分を奪うため、部屋が乾燥してしまいます。その結果、髪や頭皮の水分を奪い去ってしまいます。

エアコンの設定温度を上げることで対処できますが、自宅ならまだしも外出先で設定温度を自由に変えることは難しいでしょう。可能であれば、エアコンをつけるときは、加湿器で湿度を調節することが大切です。

◆夏のシャンプーのポイント

夏は、汗を落とすためにしっかりシャンプーしてしまいがちですが、紫外線や日光の熱で髪や頭皮がダメージを受けているため、洗いすぎないことが大切です。洗浄力が強すぎるシャンプーを使ったり、ゴシゴシ洗ったりすると、髪のキューティクルが剥がれたり頭皮がさらに乾燥したりします。

適度な洗浄力のシャンプーを使い、指の腹で優しく洗いましょう。また、洗浄成分が頭皮に残らないように、丁寧にすすぐことがポイントです。そして、乾かすときは優しくタオルドライをしてから、ドライヤーをあてましょう。ドライヤーは、髪から20~30cm以上離し、髪や頭皮を熱ダメージから守ってください。

ドライヤーのヘッドを振りながら、同じところに集中的に温風が当たらないようにすることも大切です。

◆夏の抜け毛問題の対策法

夏の抜け毛問題をしっかり対策することで、髪や頭皮のダメージを抑えられます。夏の抜け毛問題は、次のように対策しましょう。

紫外線対策を徹底する

髪や頭皮への紫外線のダメージを防ぐために、外出時には帽子をかぶりましょう。それも、紫外線を通さないUVカットの帽子を選ぶことが大切です。また、日焼け止め成分が含まれたトニックでケアするのもいいでしょう。

ただし、日焼け止め成分は汗で洗い流されるため、こまめにケアすることが大切です。また、日焼け止め成分が頭皮に残ると刺激になる可能性があるため、1日の終わりには洗い流しましょう。

汗をこまめに拭いて清潔に保つ

汗をかいたら、こまめに拭きましょう。しかし、出先で何度も髪と頭皮を拭くとヘアスタイルも乱れるため、現実的には難しいかもしれません。夏は、帰宅後すぐに入浴して汗を洗い流すなど、できるだけ汗を早く取り除くことが大切です。

また、できるだけ汗をかかないように、エアコンや扇風機を使って体温を調節しましょう。脇や首の後ろなどを冷やすと、全身の体温が下がるため、汗対策になります。

頭皮の保湿ケアを習慣づける

頭皮の保湿ケアを習慣づけることで、乾燥から頭皮を守ることが可能です。入浴後にヘアトニックでケアしたり、出かける前に頭皮用の保湿スプレーを使ったりしましょう。また、頭皮の乾燥を防ぐために、十分に水分をとることが大切です。水分が不足すると、頭皮を含め肌の水分量が減少し、肌トラブルが起こりやすくなります。

夏は、他の季節よりも水分不足になりやすいため、こまめに水分をとりましょう。

◆抜け毛が増えた場合はAGAの可能性もある

夏の抜け毛対策をしても、AGAの場合は抜け毛が増えてしまいます。これは、AGAが紫外線や乾燥ではなく、男性ホルモンのテストステロンが変化したジヒドロテストステロンによって引き起こされるためです。

AGAになると、夏や秋など季節を問わず抜け毛が増えます。それも、短くて細い毛が抜けていくため、単なる紫外線や乾燥によるダメージだと思わずに、抜け毛の状態をチェックしましょう。

◆AGAの場合はクリニックでの治療が必要

夏の抜け毛対策をしても抜け毛が止まらない場合は、できるだけ早くクリニックを受診しましょう。AGAだった場合、早く治療を始めなければ薄毛が進行していきます。普段の抜け毛対策では改善が期待できず、クリニックで適切な治療を受けなければなりません。

クリニックでは、AGAの原因であるジヒドロテストステロンの生成を防ぐプロペシア、頭皮への栄養の供給を促すミノキシジルなどを使用します。早く治療を始めれば、それだけ早く薄毛の悩みを解消できるため、抜け毛が気になったら受診しましょう。

◆まとめ

夏は、紫外線や汗、エアコンによる空気の乾燥など、様々な原因で髪や頭皮がダメージを受けます。そのため、日焼け止めスプレーや保湿ケア、加湿器の設置などで対処しなければなりません。放置すると、髪や頭皮にダメージが蓄積され、抜け毛が増えてしまうでしょう。薄毛の原因にもなるため、夏は特にしっかり対策することが大切です。

水戸中央美容形成クリニック フリーダイヤル:0120-007-763

私たちにお任せください。担当医が親身に対応いたします。

クリニック紹介
  • HARG治療について
  • 症例とQ&A
  • 料金表
  • 毛髪コラム
  • 女性の薄毛治療
  • 当院は自由診療のクリニックです。公的保険については適用範囲外となります。